愛について語るときにイケダの語ること

6月25日(金)公開予定 アップリンク吉祥寺

死を前にして表現したかったものとは

 池田英彦は生まれつき四肢軟骨無形成症という難病を患っている。軟骨細胞の異常で手足が短いまま成長せず、「こびと症」と呼ばれることもある病気だ。この病気は生活が不便なこと以外にこれといって問題はないのだが、彼は医者からそれとは別の病気について診断結果を告げられた。難治性のスキルス性胃がんで、既にステージ4になっているという。死を意識した池田は友人の脚本家・真野勝成に声をかけ、自分自身についての映画を作るよう持ちかける。素材は真野が撮影する池田のインタビュー、池田が自分で撮影するセルフ動画、池田が自ら撮影した風俗店での「はめ撮り動画」、そしてフィクションとして撮影される「理想のデート」のドラマだった。ドラマパートの撮影は順調に進み、はめ撮り素材も着々と集まっている。だがその間にも、池田の病状はどんどん悪化して行く。一度は手術で胃を切除することが決まったが、もはやそれさえできない状態になっていた。

続きを読む