アリー/スター誕生

12月21日(金)公開 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー

男の苦しさを描いた21世紀版リメイク

 ウェイトレスとして働きながら時折地元のドラァグ・バーで歌を披露するアリーは、たまたま店を訪れたカントリー歌手ジャクソンに見出され、彼のステージに出演するようになる。ふたりが恋人同士になるのに時間はかからなかった。アリーの圧倒的な歌唱力とソングライターとしての才能は注目を集め、やり手のマネージャーも付いて、彼女はスターへの階段を駆け上がっていく。ジャクソンは彼女を応援しつつ、彼女が自分の知らない「スター」に成長して行くことに複雑な気持ちを味わっている。彼にはもともと難聴の持病があったのだが、この頃は耳鳴りもひどくなり、失聴の恐怖を紛らわせるように酒とクスリの量が増えていた。アリーと出会って多少の落ち着きが見られるようになったが、アリーの仕事が忙しくなるとすれ違いも増え、再び酒の量が増えていった。その年のグラミー賞授賞式。受賞したアリーの目の前で、ジャクソンは取り返しの付かない事件を起こす。

続きを読む

2001年宇宙の旅 IMAX

10月19日(金)公開 全国ロードショー

本作を大スクリーンで観る最後のチャンス?

 数十年後の未来。月面で観測された強力な磁場の中心から掘り出されたのは、400万年前に埋められた人工物だった。これは人類史上初の、地球外知的生命体との接触。人工物は木星に向けて強力な信号を発信し、人類はその目的を探るため宇宙船ディスカバリー号を木星に向けて派遣した。宇宙船には5名の乗員がいるが、酸素や食料節約のため3名は目的地付近に到着するまで人口冬眠している。目を覚ましているのは船長のデビッド・ボーマンと乗員のフランク・プール、そして船を制御する人工知能型コンピュータHAL9000だけだ。ある日、HALが船外ユニットの異常を察知して警告を出す。しかし回収されたユニットに異常はなかった。ボーマンとプールは、HALの判断にミスがあったことを疑う。だが人間たちの疑念を察したHALは、船外活動中のプールを殺害。さらにプール救出のため船外に出たボーマンを閉め出すが、彼は決死の覚悟で船に戻ってくる。

続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛

8月31日(金)公開 全国ロードショー

韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』の日本版リメイク

 母の見舞のため病院を訪れた奈美は、同じ病院に入院している高校時代の親友・芹香と20年ぶりに再開する。だが芹香は末期がんに冒され、医者から余命1ヶ月を宣告されていた。「あの頃の仲間に会いたい。SUNNYのみんなに!」。20年前、淡路島から東京に転校してきた奈美を、仲間に加えてくれたのは芹香だった。仲間たちのリーダー格で、誰からも慕われていた芹香。その芹香の、ひょっとしたら生涯最後の頼みを、断るわけにはいかない。母校を訪ねた奈美は、恩師のつてで仲間のひとり梅の行方を突き止める。だがそこから先は打つ手なし。奈美と梅は興信所の探偵を雇って、SUNNYの残り3人の仲間を探し始める。見つかったのは裕子だった。高校時代はガラの悪かった彼女だが、今では裕福な医者の妻の座に座ってセレブ夫人になっている。だが奈美や梅の顔を見れば、20年の時はあっという間に消え去る。彼女もまた、人に言えない問題を抱えていた。

続きを読む

オール・ザット・ジャズ

5月25日(金)公開 午前十時の映画祭9

「死」をテーマにしたミュージカル映画

 演出家で振付師、さらに映画監督でもあるジョー・ギデオン。才能がひしめき合うブロードウェイで、誰しもが認めるナンバーワンの才能と実績の持ち主だ。現在は新しいショーの準備が始まったのに加え、映画の編集は大詰めに差し掛かっている。まったく気の休まる暇が無い多忙な日々。それでも彼は毎朝鏡に向かい、自分を鼓舞するように「ショータイムだよ、皆さん」と言ってから稽古場や編集室に出かける。(そして女遊びも欠かさない。)だがショーの準備が半ばに差し掛かった頃、長年の不摂生がたたってジョーは倒れてしまう。医者の診断は絶対安静。しかしジョーは見舞に来る友人たちを相手に、毎日のようにバカ騒ぎを続けるのだ。彼は自分が不死身だとでも思っているのだろうか? そうではない。彼は誰よりも自分の死を強く意識している。長年に渡り、死は彼にとって最良の友であり、同時に敵でもあった。彼は今、目の前に迫ってくる死に怯えているのだ。

続きを読む

フロッキング

公開未定

正義はかくも人間を残酷で暴力的にする

フロッキング

 住民同士が家族のように親密に暮らす、スウェーデンの小さな田舎町。だがその町で、住民たちを驚愕させる事件が起きた。女子高生のイェニフェルが、同級生のアレックスにレイプされたと訴え出たのだ。「そんな馬鹿な!」と町中の人が驚く。あのアレックスが、そんなことをするとは思えない。一方のイェニフェルはいろいろと問題のある女の子だし、彼女が何かの理由で口から出任せを言っているんじゃないだろうか。ちょっとしたイタズラ心? それとも悪意ある虚言? ひょっとすると精神状態がおかしくて、本当にそんなことが起きたと信じ込んでいるのかも……。町の人たちはアレックスと家族に同情し、イェニフェルを遠巻きに眺めるようになる。結局事件は司法の場に持ち込まれ、裁判所はアレックスに有罪の判決を下した。だがこれによって、イェニフェルと家族は町中の人の憎悪の対象になってしまう。それから町ぐるみで、彼女と家族への嫌がらせが始まる。

続きを読む

フロム・ノーウェア

公開未定

アメリカの不法移民問題を高校生の視点から描く

フロム・ノーウェア

 ブロンクスの高校で卒業間近のクラスを受け持っているジャッキーには、特に気にかけている3人の生徒がいる。真面目で勉強熱心なムーサ、いつも不機嫌な顔をしているソフィー、学校で一番の優等生アリッサだ。じつは彼らは、ギニア、ドミニカ、ペルーから、子供の頃にアメリカに不法移民してきている。アメリカの国籍も市民権もないため進学に支障が出るのはもちろん、警察に捕まれば「祖国」に強制送還されかねない不安定な身の上なのだ。ジャッキーから彼らを紹介された弁護士は、難民申請するためには祖国に戻れない客観的な根拠が必要だという。祖国が危険な場所である根拠はあるのか。家族や親戚が迫害や拷問を受けた証拠はあるのか。だが幼い頃にアメリカにやって来た彼らには、祖国についての記憶も、必要な書類も存在しないのだ。中でもムーサとソフィーは家庭内にそれぞれ大きな問題を抱えており、市民権獲得は彼らの人生にとって喫緊の課題だった。

続きを読む

14の夜

12月24日(土)公開予定 テアトル新宿ほか全国ロードショー

思春期とは恥ずかしく苦しいものである

14の夜

 1987年(昭和62年)8月の夏休みど真ん中。田舎町で暮らす男子中学生たちの間に、衝撃的なニュースが駆け巡る。人気AV女優のよくしまる今日子が町のレンタルビデオ店でサイン会を開き、しかも真夜中を過ぎた頃訪れた客は彼女のオッパイを舐められるというのだ。箸が転んでも勃起する年頃の少年たちが、この情報に食いつかないはずがない。中3のタカシも、友人たち3人と一緒にサイン会に乗り込むことに決めた。家では高校教員の父が飲酒運転で軽微な事故を起こして停職謹慎中で、しかもそんな中に都会で働いている姉が婚約者を連れてくることになっている。世間体を気にする気の小さい父は朝から落ち着かず、いよいよ姉が恋人と家に到着すればその行動はますます常軌を逸したものになるのだが、もはやそんなことはタカシの知ったこっちゃないのだ。彼は逃げ出すように家の外に飛び出す。しかしこれが、忘れがたい夏の夜の大冒険のはじまりになった。

続きを読む