顔のないヒトラーたち

10月3日(土)公開予定 ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館

1950年代のドイツ人はホロコーストを知らなかった

顔のないヒトラーたち

 1958年、西ドイツ。フランクフルトの検察庁に勤める若い検事ヨハン・ラドマンは、庁舎のロビーで大声で騒ぐ新聞記者の姿を目撃する。「ナチスの戦犯が小学校の教師をしている。これは許されることではないぞ!」。だが他の検事たちは見て見ぬ振り。「アウシュビッツにいたんだぞ」と言われても、誰もそんな地名を知らない。「アウシュビッツを知らないなんて!」と毒づく記者が気になったヨハンは、告発された教師についてひとりで調べてみた。米軍の記録をたぐり、問題の教師が収容所で働いていたことを突き止めたヨハンは文部省に通知。だが教師はクビになることもなく、仕事を続けている。「もはや殺人以外はすべて時効だ。収容所で殺人が行われた証拠はあるのか?」と同僚たちに突き上げられたヨハンは、検事総長の後押しを受けてアウシュビッツとナチスの戦争犯罪について調査をはじめる。こうして彼は「沈黙の迷宮」に最初の一足を踏み入れた……。

続きを読む