キッド・クラフ 〜少年パッキャオ

第28回 東京国際映画祭 CROSSCUT ASIA #02 熱風!フィリピン

人気ボクサー、マニー・パッキャオの伝記映画

KID KULAFU

 1978年、エマヌエル・パッキャオはミンダナオ島の山間部で貧しい農家に生まれた。付近がゲリラと政府軍の紛争地にり、一家は大都市ジェネラル・サントスに移住。しかし都会での生活に馴染めない父は家に寄りつかなくなり、家族の生活はもっぱら母が支えていた。ある日、母が心臓病で倒れる。エマヌエルは薬代を稼ぐため、街頭の草ボクシング試合に出場した。リングネームは「キッド・クラフ」。これをきっかけに、エマヌエルは本格的にボクシングにのめり込んで行く。それから数年後、彼はマニラのボクシングジムに寝泊まりしながらトレーニングを続け、近くの工場で働いて金を故郷に仕送りする生活を続けていた。だがプロとしてデビューする機会は、なかなかやって来ない。先の見えない日々の中で、酒やタバコの味を覚えるボクサーの卵たち。そんな生活に嫌気が差して、脱落していく仲間たちもいる。だがエマヌエルにとうとうデビューの日がやって来る。

続きを読む