COLD WAR あの歌、2つの心

6月28日(金)公開 ヒューマントラストシネマ有楽町

愛すればこそ苦しむ恋人たち

 第二次大戦直後のポーランド。国内各地の民族音楽を収集しながら、若い歌い手や踊り手を捜し求める人々がいた。彼らは国立音楽舞踊団のメンバーを集めているのだ。スカウト活動に参加していた音楽家のヴィクトルは、オーディションに参加したズーラという歌い手に目を引かれる。彼の推薦で入団したズーラはたちまち花形歌手として脚光を浴びるようになり、ヴィクトルとの間に恋愛関係も芽生えた。だが政府の監視を受けるようになっていたヴィクトルは、舞踏団の東ベルリン公演を機会に西側に脱出。彼はもともとズーラと一緒に亡命するつもりだったが、彼女はなぜか待ち合わせ場所に現れなかった。数年後。パリでジャズピアニストとして活動していたヴィクトルは、公演でパリにやって来たズーラと再会する。その後何度かのすれ違いを経て、ふたりはようやくパリで一緒に暮らすようになった。だが気性の激しいズーラは、頑固なヴィクトルとの衝突も多かった。

続きを読む

ROMA/ローマ

3月9日(土)公開 全国順次公開

映画史のエポックとなる話題作

 1970年のメキシコシティ。医者の家で住み込み家政婦をしているクレオの仕事は、家事や4人の子供たちの世話をすることだ。雇い主であるアントニオ医師は研究者として世界中を飛び回り、家を留守にすることも多い。妻ソフィアとの間では口論が増えてきた。だがそんな妻を残して、アントニオは再び海外出張へ。そしてそのまま、帰ってこなくなってしまった。出張という話はでまかせで、秘かに作った愛人とリゾート地へのバカンスに出かけてしまったのだ。一方クレオは恋人フェルミンの子供を妊娠するが、妊娠を告げた途端に恋人は彼女の前から姿を消して待った。妊娠したことがわかれば、勤め先をクビになるかもしれない。意を決してソフィアに事実を告げると、彼女は親身になって家族同然に扱ってくれる。ソフィアはこの家で赤ん坊を生むことになった。同居しているソフィアの母や子供たちも、日に日にお腹が大きくなる彼女をごく自然に受け入れるが……。

続きを読む

用心棒 《4Kデジタルリマスター版》

6月22日(金)公開 午前十時の映画祭9

見事な脚本、豪華な配役、すごい演出!

 着のみ着のまま、行くあてもない浪人がひとり、北関東の宿場に流れ着く。絹の取引で栄えた町だが、今は対立するやくざ同士の抗争で血なまぐさく凄惨な場所になっている。宿も店も雨戸を閉め切り、大手を振ってのさばっているのは、近隣からかき集められた無法者たちばかり。まともな人間なら怖じ気を震って逃げ出しそうなものだが、腕に覚えのある浪人は「気に入ったぜ」とニヤニヤ笑って宿場に腰をすえてしまう。「三十郎」と名乗る浪人は、やくざ同士を上手く煽って衝突させ、弱ったところで根絶やしにしてしまう腹だ。しかしいよいよやくざたちが大げんかを始めようとした矢先、八州廻りの役人が来てけんかはしばし沙汰止み。だがこの休戦期間を利用して、やくざたちは着々と次の抗争への準備を進めている。浪人もうまく自分を売り込んで、抗争後に備える。しかしこのケンカは、突然休戦から手打ちになった。冷酷で知られる卯之助が、町に戻ってきたのだ。

続きを読む

七人の侍《4Kデジタルリマスター版》

6月8日(金)公開 午前十時の映画祭

フォルマリズムの果てのリアリズム

 戦国時代末期。野武士の略奪に苦しめられた山間の小さな村は、侍を雇って野武士と戦うことを決意する。だが侍に払う金はない。報酬はただ、白い飯を腹一杯食わせるだけだ。農民の窮状を聞いて、7人の浪人が村に馳せ参じることになった。浪人のリーダーである勘兵衛は、農民たちを指揮して村の防備を固め、あちこち柵や堀を巡らして要塞化する。やがて麦の刈り取りが終わり、いよいよ野武士たちがやって来た。侍と農民たちは勘兵衛の巧みな戦略で野武士を次々に撃退するが、その間に侍にも少なからず犠牲が生じる。侍と農民たちは疲れ果て、野武士も追い詰められている。このまま長い戦いは難しい。短期決戦しかない。おそらくそれは、明日の朝に迫っている。そして夜明け。決死の覚悟で村に襲いかかってくる野武士たち相手に、侍や農民たちも最後の力を振り絞って戦い抜く。やがて野武士は全滅。しかし7人いた侍たちのうち、生き残ったのは3人だけだった。

続きを読む