クライ・マッチョ

1月14日(金)公開 全国ロードショー

イーストウッドは観られるうちに観ておけ

■あらすじ

 1980年のテキサス。元ロデオスターで、その後は馬の調教師として働いていたマイク・ミロは、元雇い主のハワード・ポークから厄介な持ちかけられる。メキシコにいるポークの息子を、自分のもとまで連れてきてほしいというのだ。息子は現在、元妻と暮らしている。だが元妻は、息子を手放そうとしないだろう。

「それは、誘拐じゃないか」
「だが息子は虐待されてるんだ!」

 ポークに恩義を感じていたマイクは、結局この仕事を引き受けることにした。

 メキシコで暮らすポークの元妻レタは、大邸宅で何不自由のない生活を謳歌しながら、子供への愛情は一欠片も持たない女だった。彼女が息子を手放さないのは「所有欲」によるものだ。13歳の息子ラフォは母やその愛人たちからの虐待を避けるため、闘鶏で日銭を稼ぎながら路上で暮らしていた。

 マイクはラフォを車に乗せて、テキサスへと向かう。だがその後を、レタの手下が追跡していた。

続きを読む

1917 命をかけた伝令

2月14日(金)公開 全国ロードショー

ドラマの欠如した戦争スペクタクル

1917

 第一次大戦中のフランス。1917年4月6日。前線で束の間の休息を取っていた若いイギリス兵スコフィールドとブレイクは、司令部に呼び出されて別の部隊への伝令任務を与えられる。退却中のドイツ軍を追って、現在1600人の部隊が敵陣深くに侵入している。だがそれはドイツ軍の罠で、このまま進めば部隊が全滅するかもしれないというのだ。その部隊には、ブレイクの兄も参加している。明朝には総攻撃が開始される。残された時間は少ないが、この伝令任務の成否いかんに1600人の命が委ねられているのだ。二人の兵士は命令書とわずかばかりの荷物を持って、塹壕から危険な戦闘地帯に踏み出して行く。行く手に待つのは打ち捨てられた塹壕と腐乱した兵士の死体の山。退却するドイツ軍が残していった仕掛け爆弾にも気が抜けない。かつてはのどかな農村地帯だった場所だが、退却中のドイツ軍はあらゆるものを破壊した。二人は廃墟になった農家にたどり着く。

続きを読む

アド・アストラ

 9月20日(金)公開 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

冒頭の大落下は大画面で観る価値あり!

 近未来の地球。宇宙から降り注ぐ電流サージによって、世界中で大規模な事故や火災などが増えていた。サージに起因する事故に遭いながら九死に一生を得た宇宙飛行士のロイ・マクブライドは、上官から秘密の任務を命じられる。それは人類を危機に陥れているサージを止めるため、海王星まで行けというものだった。今から16年前、地球外生命体を探す「リマ計画」というプロジェクトがあり、旅立った飛行士たちはそのまま消息を絶った。参加者全員死亡と見られていたが、じつは参加者のうち、ロイの父クリフォードだけがまだ生きており、海王星付近で活動しているらしい。この活動が、結果としてサージの原因になっている。ロイの任務は父を説得して、地球に連れ帰ることだ。彼は民間人旅行者の身分で月基地に渡り、さらに火星の中継基地に到着する。だが心理テストで任務から任務から外されそうになったことで、ロイは強引に探査ロケットに乗り込んだのだが……。

続きを読む

ダンスウィズミー

8月16日(金)公開 全国ロードショー

いろいろ残念なミュージカル・コメディ

 東京の大手企業に勤める鈴木静香は、姉に押し付けられた姪っ子の子守で遊園地へ。そこでインチキ臭い老催眠術師マーチン上田に出会い、安っぽい催眠術をかけられる。「あなたはミュージカル女優です。音楽が流れると、歌ったり踊ったりしないではいられません!」。学校の出し物でミュージカルに出演するという姪っ子に催眠術はかからなかったが、どういうわけかこの術が静香にだけはしっかりかかってしまった。社内プレゼンの席で、静香はふいに流れ出した音楽に反応して盛大に歌い踊り、周囲を啞然とさせる。このままでは仕事にならない。仕事どころか日常生活にも差し障る。もとに戻るには、マーチン上田に催眠術を解いてもらうしかない。しかし借金まみれのマーチンは遊園地から姿をくらまし、気ままな地方巡業の旅に出てしまう。静香はマーチンの小屋でサクラをしていた千絵を仲間にひっばりこみ、マーチンを追いかける旅に出る。その期限は1週間だ!

続きを読む

さよならくちびる

5月31日(金)公開 全国ロードショー

ライブ演奏シーンだけでもとが取れる映画

 2018年7月。インディーズのギターデュオ「ハルレオ」のラストツアーがスタートする。ツアーのメンバーはボーカルとギターのハルとレオに、運転手兼マネージャーのシマの3人だけ。ひとつの夢に向けてはじめた音楽活動だったはずなのに、いつの間にか互いの気持ちがすれ違い、衝突し、こじれきってしまったのだ。車に荷物を載せて各地のライブハウスを移動して行く旅。しかしその間も互いの会話はほとんどなく、口を開けばトゲのある言葉が飛び出すだけだ。ハルレオはもともと、ハルとレオが同じクリーニング工場でバイトしていたことからはじまった。職場で叱られて不機嫌そうにタバコをふかすレオに、ハルが「わたしと音楽やんない?」と声をかけたのだ。ギターも歌も、ハルが手取り足取り教えた。ふたりはじきに路上で歌うようになり、本格的なライブハウス巡りを考えたとき、ローディに名乗り出たのが元ホストで多少の小金を持っているシマだった。

続きを読む

三日月

第28回 東京国際映画祭 アジアの未来

断食明けの新月を探す父と息子の旅

Mencari Hilal

 市場で食料品店を営むマフムドは、小さなモスクの長老も務める敬虔な信仰の持ち主だ。だが何かにつけて「正しい信仰に従う生き方」を説く態度が、時として周囲と軋轢を生み出すこともあった。息子のヘリが家を出て海外のボランティア活動に参加しているのも、おそらくは父の態度に反発してのことに違いない。マフムドは古き良き時代を懐かしむ。かつては自分の周囲に、同じ信仰に燃える仲間たちがいた。ラマダーン明けの新月(ヒラル)を見るために、仲間たちと決められた場所まで旅をしたものだ。死ぬ前にもう一度、あの旅をしてみたい。いや、ぜひ旅をするべきだ。マフムドが旅支度をした同じ頃、家には息子のヘリがひょっこり戻ってくる。パスポートの更新手続きのために、必要な書類を取りに来たのだ。だがラマダーン中は役所の手続きも遅くなる。父の体を心配する姉は、ヘリに対して父の旅に同行するよう言いつける。ヘリは嫌々ながらそれに従うが……。

続きを読む

シェフ 〜三つ星フードトラック始めました〜

2月28日(土)公開 TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー

本場のキューバサンドイッチはめちゃ旨そう!

シェフ 三つ星フードトラック始めました

 ロサンゼルスの有名レストランでシェフを務めるカールは、オーナーが新作メニューを認めないことにイラ立っていた。著名な料理評論家が店に来ると言うのに、「定番メニューを出せ。嫌なら辞めろ」の一点張り。泣く泣く命令に従えば、評論家はカールの料理をコテンパンに酷評する始末。腹立ち紛れにツイッターで評論家にケンカを売ったら、今度はそれが拡散されて大炎上。オーナーとの対立は決定的になり、ついにカールは店を追い出される羽目になる。失意のカールに声をかけたのは、別居中の妻イネズだ。仕事で出かけるフロリダで、子供の世話をして欲しいと言う。半ばふて腐れて出かけたフロリダだったが、そこで食べたキューバサンドイッチが彼の料理人魂に火を付けた。「フードトラックで本格的なキューバサンドを売れば絶対に受ける!」。さっそく中古のフードトラックを手に入れたカールは、息子のパーシーと友人マーティンを誘い、全米横断の旅に出る。

続きを読む

僕たちの家に帰ろう

8月下旬公開予定 シアター・イメージフォーラム

千年続いた文明がこうして終わる……

僕たちの家に帰ろう

 かつてシルクロード沿いに巨大な王国を建設しながら、その後は衰退して今や消滅寸前となっている中国のユグル族。遊牧民である彼らの生活を支えていた広大な草原は減少し、今は家畜を連れて遠く離れた場所まで行かなければならない。ユグル族の兄弟バーテルとアディカーは、今も昔ながらの遊牧生活を続ける両親と離れて暮らしている。バーテルは祖父と暮らし、アディカーは学校の寮住まいだ。学校が夏休みになれば父が兄弟を迎えに来るのだが、その年の夏は父が現れず連絡もない。兄弟はらくだに乗って、遠く離れた両親のところまで旅をすることになる。行けども行けども、乾燥した砂漠地帯が続く。かつては見渡す限りの草原だった場所が干上がり、岩と砂ばかりの荒れ地になってしまった。記憶を頼りに旅を続ける兄弟たちの前を、打ち捨てられたユグル族の村や、かつて栄えた王朝の遺跡が通り過ぎていく。長い長い旅のあと、兄弟がたどり着いた真実とは何か?

続きを読む

天才スピヴェット

11月15日(土)公開 シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

天才少年は自分の居場所を探してアメリカを横断する

天才スピヴェット

 モンタナ州の山岳地帯にある牧場に、10歳の少年スピヴェットは家族と一緒に暮らしている。父は古風なカウボーイ。母は生物学者。まるで正反対の世界に住んでいるような両親が、どこどどう知り合ったのかはよくわからない。スピヴェットは並外れた知識欲と頭脳の持ち主だが、その才能はモンタナの田舎で埋もれたままだ。家の中にも学校にも、スピヴェットの才能を気にかける人は誰もいないのだ。彼にとって唯一の遊び相手は、二卵性双生児の弟レイトンだけ。だがその弟は銃の暴発事故で死んでしまった。快活なレイトンは誰からも愛されていたのに。悲しみに包まれる家族。弟がいなくなったことで、スピヴェットは家の中に居場所を失ってしまう。そんなスピヴェットのもとに、ワシントンDCのスミソニアン協会から電話がかかってくる。彼の発明した半永久機関が、国際的な発明賞を受賞したのだ。スピヴェットは授賞式に出席するため、家族に黙って家を出た。

続きを読む

0.5ミリ

11月8日(土)公開予定 有楽町スバル座

家なし、金なし、男なし。女一匹どこへ行く。

0.5ミリ

 介護ヘルパーとして片岡家のおじいちゃんの世話をしているサワは、その娘から異例の依頼を受ける。「おじいちゃんと一晩添い寝してほしいの。ボケたら母親のおっぱいが恋しいらしくて」。ためらいながらもこの願いを聞き入れたのが、サワの不幸(?)の始まりだった。その夜に起きた事件が原因で彼女は仕事をクビになり、寮も放り出されてしまう。しかも全財産をポケットに入れたコートをなくし、頼る者もなく無一文で寒空に放り出されてしまうのだ。行くあてもないまま偶然通りかかったカラオケ店で、店員と泊めろ泊めないの押し問答をしているおじいさんを見つけたサワは、連れの振りをして彼の手を取りカラオケルームへ。そこで一夜を明かしたサワは、翌朝彼からコートと小遣いをもらって別れる。彼女が次に出会ったのは、通りがかりに自転車を失敬したりタイヤをパンクさせたりする困った老人だった。サワは相手の弱みに付け込んで強引に家に上がり込む。

続きを読む