これは君の闘争だ

11月公開予定 シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

政治闘争に挑む高校生たちの青春

映画『これは君の闘争だ』チラシ画像

■あらすじ

 2015年10月。ブラジルのサンパウロで、教育予算削減に抗議する高校生たちが学校をロックアウトする事件が起きた。この事件はブラジル全土に波及し、翌月には200以上の学校が学生たちに占拠されたという。このドキュメンタリー映画は、この運動に参加した高校生たちの証言に基づいている。

 話は2013年にさかのぼる。この年の6月、サンパウロの公共交通料金値上げに対する大規模な抗議デモが発生した。路上に出たデモ隊は、やがてバス料金値上げ意外にもさまざまな抗議の声を上げ始めて大規模な反政府デモに発展。これを鎮圧するため動員された警官隊の暴力も問題となり、政府は交通料金の値上げを撤回した。この時の成功体験が、2015年の高校占拠への導火線となる。

 高校生たちの学校占拠は成功する。だが行政もマスコミも、このことをほとんど無視した。社会に自分達の主張を伝えようと、高校生たちはさらなる行動に打って出る。

続きを読む

エイス・グレード/世界でいちばんクールな私へ

9月20日(金)公開 ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイントほか全国ロードショー

美しくもなく輝いてもいない思春期!

 ケイラは中学生ユーチューバーだ。定期的にネットに動画をアップして、同世代の子供向けにポジティブなメッセージを送っている。だがそれを学校で知る人はほとんどいない。パソコンのカメラの前で笑顔を振りまき饒舌な彼女も、学校では無口な子、目立たない子、イケてない子で通っているのだ。学内の人気者たちを横目で見ながら、積極的にその中に入っていけないことに自分でイラだっている。怒りをぶつける相手は父親だ。自分の事が心配なのはわかるが、あれこれ口を出したり干渉したりしてくる父親にも、ケイラはイライラが止まらない。そんな彼女が、クラスの人気者ケネディの母親から、プール開きパーティに招待された。ケネディ本人は明らかに乗り気じゃない。それがわかるから、ケイラもこの招待に応じるのは気が重い。しかしこれを断れば、自分がクラスのはぐれ者であることを自分で認めるようなもの。ケイラは勇気を振り絞って会場に乗り込んだが……。

続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち

9月22日(土)公開 新宿武蔵野館ほか全国順次公開

天才高校生が編み出した禁断のビジネス

 中学時代に成績優秀で数学コンテストのチャンピオンにもなったリンは、富裕層が通う名門校に特待生として招かれる。学校ではじめてできた友人はグレース。あまり成績がよくない彼女のために、リンは試験の最中にこっそり答えを教えてあげた。だがこのことが、グレースの交際相手パットに伝わってしまう。「僕にも試験の答えを教えてほしい。他の仲間たちにもだ。報酬は払う」。授業料免除の特待生も、学校に通い続けるには他にも何かと金がかかる。貧しい父子家庭のリンにとって、高額の報酬は何よりも魅力だった。リンは試験中に暗号を使って「顧客」たちに答えを教えることを思いつく。だがこの不正の一端に気づいたのは、同じく貧しい特待生のバンクだった。特待生の資格を剥奪されたリンは、父親に厳しく諌められて二度と不正に手を染めないことを誓う。だが卒業間近になった時、グレースとパットから、彼女に途方もない大口の取引が持ちかけられた……。

続きを読む

斉木楠雄のΨ難

10月21日(土)公開 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

SF好きにはたまらない脱力系ナンセンス爆笑コメディ

 高校1年生の斉木楠雄は、世界にもまれに見る正真正銘の超能力者である。テレバシー、サイコキネシス、透視、瞬間移動、心理操作、時間遡行など、どの能力においても人並みはずれた力を発揮する。しかし残念なことに、その能力は彼を必ずしも幸せにしていない。彼は自宅近くのPK学園高校に普通の高校生として通学し、周囲で起きるトラブルを人知れず解決しながら、目立たぬようにひっそりと暮らすことを好むのだ。そんな努力もあって、学校で彼の超能力を知る者は誰もいない。しかしどういうわけか、彼のことを慕って近づいてくる連中がいる。自称「相棒」の燃堂力、妄想の中で悪の秘密結社と戦っている海藤瞬、熱すぎてウザイ学級委員・灰呂杵志、元極悪ヤンキーの窪谷須亜蓮、そして「おっふ」を求めて斉木に付きまとう学校一の美少女・照橋心美。中でも照橋はやばい、デンジャラス。案の定、彼女のせいで世界は一色即発の危機に見舞われるのだった……。

続きを読む

UFO学園の秘密

10月10日(土)公開予定 シネマート新宿

幸福の科学学園のプロモーションアニメ

UFO学園の秘密

 ナスカ学園は全寮制の中高一貫進学校で、自然豊かな環境の中で子供たちがのびのびと学んでいる。だがこの学園で、最近ささやかれているある噂があった。学業重視で塾通いが禁止されている校則に違反し、隠れて町の進学塾に通っている生徒がいるらしいのだ。その塾に通うと記憶力が飛躍的にアップし、一度教科書に目を通せば決して忘れなくなるのだという。高校2年生のレイは、友人の妹ナツミが成績不振に悩んで噂の塾に入り、成績が飛躍的にアップしたことを知る。塾の正体は何なのか? そこでは一体何が行われているのか? ナツミに退行催眠をかけて過去を思い出させたところ、問題の塾を通じて子供たちがUFOにアブダクションされ、頭にチップを埋め込まれてコントロールされていることがわかる。レイと仲間たちはこの事実を広く知らせるため、学園祭で宇宙人の地球支配についての研究成果を発表しようと決める。だが事態はより深刻なものだった……。

続きを読む

学校の怪談 呪いの言霊

学校の怪談 呪いの言霊

東京女子流主演の学園ホラーサスペンス

 その高校には1年4組がなかった。1年3組の隣の教室は、4組を飛ばして5組になる。4組があるべき部屋は、長年封鎖されたままだ。なぜ4組がないのか? 4という数字が不吉だから、生徒が減って使用教室を減らしたなど、生徒たちはいろいろな説をとなえる。だが生徒たちを一番ゾッとさせたのは、もう何十年も前に、そこで大きな事故があったという話だ。授業中に地下から染み出した有毒ガスが教室を満たし、教師と生徒全員が眠るように死んでしまったのだという。「あまり恐い話をすると、言葉が現実を引き寄せるのよ」。女子生徒のひとりがそう言うが、この頃から1年3組の生徒たちの身に次々と奇妙なことが起き始める……。同じ頃、この高校を卒業した詩織は母の遺品である日記を読んで、母が高校在学中に大きなガス漏れ事故が起きていたことを知る。彼女は事故で死んだ母の友人たちに手向ける花を持って、自分の母校でもある高校を訪ねるのだが……。

5月23日(金)公開予定 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー
続きを読む