大怪獣ガメラ

7月16日(金)より「妖怪特撮映画祭」
角川シネマ有楽町、ところざわサクラタウンほか全国順次公開

人間が科学を信じていた時代の怪獣映画

■あらすじ

 北極を飛行する国籍不明機を追って、アメリカ空軍機が出撃。やがて戦闘状態となって、国籍不明機は北極の大氷原に墜落する。閃光ときのこ雲。国籍不明機が搭載していた核弾頭が爆発したのだ。これを近くのエスキモー部落から目撃したのは、日本の生物学者・日高教授らの調査隊だった。

 調査隊は調査船に戻ろうとするが、その直前、核爆発のクレーターから出現した巨大なカメが砕氷船を破壊する。エスキモーの長老は、その怪獣を「ガメラ」と呼んだ。ガメラは姿を消すが、その後世界のあちこちで、謎の飛行物体が目撃されるようになる。

 襟裳岬で灯台守をしている桜井家。小学生の息子・俊夫は、飼っていた亀を捨てた海でガメラに出会う。破壊された灯台からガメラに救出された俊夫は、ガメラを自分の味方で友達だと思うようになった。だがあらゆるエネルギーを体内に取り込むガメラは、発電所や都市を次々に襲う。政府はガメラの駆除に乗り出した。

続きを読む

ゴジラ vs コング

7月2日(金)公開 全国ロードショー

2大モンスター主演のヤンキーバトル映画

■あらすじ

 南太平洋の孤島・髑髏島。外部から隔離された環境で平和な暮らしをしているキングコングだったが、巨大なコングにとって髑髏島は既に手狭になっていた。島は防護スクリーンですっぽり覆われているが、コングが島から出れば、巨大モンスターの気配を察したゴジラが襲撃に訪れるだろう。

 コングにとっての安住の地は地球内部の空洞しかないが、その入口は南極にある。コングを南極に運ぶため、大規模艦隊による輸送計画が進められた。だがその途中で、やはりゴジラがコングを襲う。ゴジラのパワーは圧倒的だった。何とかゴジラから離脱した一行は南極のトンネルを通って、地球内部の空洞に進入する。

 同じ頃、エイペックス社の秘密研究施設には、一人の男が呼び寄せられていた。それは芹沢猪四郎博士の息子・芹沢蓮だ。彼はエイペックスが開発した、ある巨大マシンを駆動させようとしていたのだ。それはゴジラを凌ぐ圧倒的な戦闘力を持っていた……。

続きを読む

ガメラ2 レギオン襲来 4K HDR

2月11日(木)公開 丸の内ピカデリーほか全国DOLBY CINEMAにて

怪獣映画の衣を着た本格SF映画

 北海道の支笏湖付近に隕石が落下し、陸上自衛隊が現地調査に向かった。しかしいくら調べても、落下地点から隕石本体は見つからない。まるで落下後の隕石が移動しているかのようだ。しかも隕石は墜落寸前に制動をかけた形跡がある……。同じ頃、墜落地点付近では巨大な電磁波によるものと思われるオーロラが発生。また、付近のビール工場ではビールびんが大量に消失し、NTTの光ファイバー網もあちこちで寸断していく。これらの発生場所は、隕石墜落場所から少しずつ札幌方面に移動していた。やがて札幌市内で地下鉄が謎の生物の群体に襲われ、すすきののデパートには巨大な植物が出現して建物を崩壊させる。隕石として飛来した宇宙生物が、繁殖のために根を張ったのだ。群体はそれと共生関係にある生物らしい。やがて巨大植物は大きな花を咲かせ、その中心部からは巨大な種子が現れた。その時、三陸沖から現れたガメラが飛来し、巨大植物に襲いかかっていく。

続きを読む

ガメラ 大怪獣空中決戦 4K HDR

1月15日(金)公開 丸の内ピカデリーほか全国主要都市にて公開

政治家の顔が見えない時代の怪獣映画

 太平洋を航行中プルトニウム輸送船が、環礁に乗り上げて座礁するという事故が起きた。この環礁は海図にない巨大な海上浮遊物で、やがて海流に乗ってどこかに姿を消してしまう。海上保安庁巡視船「のじま」一等航海士・米森は、消えた浮遊環礁の調査に合流する。同じ頃、五島列島の姫神島で島民らがすべて姿を消すという事件が起きる。姿を消した鳥類学者の教え子・長峰は、恩師の行方を追って長崎県警の大迫刑事と共に姫神島へ。そこで見たのは、3頭の巨大飛翔生物だった。島民たちはこの生物に襲われたのだ。島民を食い尽くした巨大生物は、新たな食料を求めて九州本土に飛ぶ。長峰の発案で、日本政府はこの巨大生物を福岡ドームに閉じ込め、生け捕りにする作戦を決行。しかしそこに、太平洋の浮遊環礁が向かっていた。環礁は巨大な怪獣の姿になって、福岡ドームに襲いかかった。政府はこの怪獣をガメラ、先に現れた飛翔生物をギャオスと呼ぶことを決定した。

続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

5月31日(金)公開 全国ロードショー

怪獣よりも恐ろしい人間たち

 ゴジラとムートーの出現により、サンフランシスコやラスベガスに甚大な被害がもたらされてから5年。モナークで巨大生物を研究していた科学者のラッセル夫妻は、破壊の中で息子のアンドリューを失った苦しみを抱えたままだ。夫のマークは仕事も家族も振り切って、野生動物の観察と研究という孤独な仕事に逃避する。妻のエマはモナークに残り、夫と研究していた「オルカ」という装置をついに完成させた。それは巨大生物たちと音声で交信できる、世界で唯一の装置だった。だが装置完成の直後、重武装の環境テロリスト・グループが研究施設を襲撃してオルカを奪い、エマ博士と娘のマディソンを誘拐する。彼らはオルカを使って、南極の施設に眠る巨大生物、モンスター・ゼロを目覚めさせるつもりなのだ。マークは妻と娘を救出するためモナークの兵士たちと南極に向かうが、エマは夫の目前でモンスター・ゼロ復活のスッチを入れる。新たな怪獣の王が誕生するのだ!

続きを読む

シン・ゴジラ

7月29日(金)公開 全国ロードショー

誰も観たことがなかった新しいゴジラ

シン・ゴジラ

 東京湾アクアラインでトンネルの崩落事故が起き、周囲の海水が沸騰・変色しはじめる。政府は海底火山の出現か熱水の噴出によるものと判断するが、現場からネットにアップされた映像には未知の巨大生物が記録されていた。やがてその姿をテレビカメラがとらえ、政府は対応に追われることになる。あまりの巨体ゆえに水中から出られないと見られたその生物は、都内の河川を遡上した後に想定外の上陸を果たす。だがそれは無数の建物を破壊するだけで、数時間後には何もなかったように海に戻って姿を消した。その後、巨大生物はさらに大きさを増し、直立二足歩行しながら鎌倉に上陸。ゆっくりと都心部に向けて歩み始める。かねてからこの生物の出現を予告していた研究者の資料に基づき、この巨大生物は「ゴジラ」と呼ばれることになった。内閣官房副長官の矢口蘭堂は、各部署から優秀な人材を集めてゴジラ対策にあたる。その間にもゴジラによる被害は拡大していく。

続きを読む