これは君の闘争だ

11月公開予定 シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

政治闘争に挑む高校生たちの青春

映画『これは君の闘争だ』チラシ画像

■あらすじ

 2015年10月。ブラジルのサンパウロで、教育予算削減に抗議する高校生たちが学校をロックアウトする事件が起きた。この事件はブラジル全土に波及し、翌月には200以上の学校が学生たちに占拠されたという。このドキュメンタリー映画は、この運動に参加した高校生たちの証言に基づいている。

 話は2013年にさかのぼる。この年の6月、サンパウロの公共交通料金値上げに対する大規模な抗議デモが発生した。路上に出たデモ隊は、やがてバス料金値上げ意外にもさまざまな抗議の声を上げ始めて大規模な反政府デモに発展。これを鎮圧するため動員された警官隊の暴力も問題となり、政府は交通料金の値上げを撤回した。この時の成功体験が、2015年の高校占拠への導火線となる。

 高校生たちの学校占拠は成功する。だが行政もマスコミも、このことをほとんど無視した。社会に自分達の主張を伝えようと、高校生たちはさらなる行動に打って出る。

続きを読む

スイング・ステート

9月17日(金)公開予定 TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国ロードショー

選挙をモチーフにした異色のスモールタウンコメディ

■あらすじ

 世界中の人が民主党候補ヒラリー・クリントンの勝利を信じて疑わなかった、2016年のアメリカ大統領選挙。だが勝者は共和党のトランプ候補だった。一敗地にまみれた民主党の選挙チームは、それでも次の選挙に向けて動き始める。

 選挙参謀のゲイリー・ジマーが目をつけたのは、ウィスコンシン州の田舎町・ディアケラン町議会の動画だった。動画サイトでバズった元軍人ジャック・ヘイスティングス大佐のスピーチは、まさに民主党のリベラルな考えにピッタリ。ウィスコンシンは共和党と民主党の勢力が拮抗する激戦州(スウィング・ステート)で、民主党としてはここに確固とした基盤を築きたい。ディアケランはちっぽけな町だが、大佐を新町長できれば全国的にも大きな話題になるはずだ。

 ゲイリーは単独で町に乗り込み、大佐を口説いて選挙への出馬を了承させる。そのとき大佐が突きつけた条件は、ゲイリー自身が選挙運動を仕切ることだった……。

続きを読む

パンケーキを毒見する

7月30日(金)公開予定 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

デタラメな菅義偉政権の生みの親は誰なのか?

■あらすじ

 この映画は菅義偉首相本人はもちろん、彼に近い国会議員、市議会や県議会議員、マスコミや評論家、利用しているホテルや飲食店などにも取材を拒否された作品である……。

 菅義偉というのはいかなる人物か? それは気配りの人だという。少し斜に構えているマスコミ記者も、直接本人に会って取材やインタビューをすると、一発でその人柄に惚れ込んで応援団になってしまう。

 彼は大学卒業後に政治家秘書として政治の世界に足を踏み入れたが、当時から腰が低く、人一倍仕事ができるから、周囲の評価は高かった。やがて横浜市長選に立候補。ベテランの現職を破って38歳で初当選。その後は横浜の影の市長と呼ばれるまでの実力を付け、その実績を引っさげて国会議員になった。

 だが腰の低さだけで一国の首相にはなれるほど、この国の政治は甘くない。菅義偉は優れた政治的嗅覚を持ち、ここぞという場所で大博打に打って出る勝負師でもあった……。

続きを読む

義士始末記

1962年9月9日(日)公開 全国松竹系

忠臣蔵のエピローグ的番外編

 元禄15年12月14日。元赤穂藩士四十六人は本所吉良屋敷に討入り、吉良上野介の首級を上げて主君浅野内匠頭の仇討ちを果たした。この事件の報を受けて、江戸市民は拍手喝采。江戸城には助命嘆願のため庶民が押し寄せた。こうした人々の中に、討入りメンバーである間新六の異母姉おかつと、同じく中村勘助の恋人おしまの姿もある。特におかつは、討入り前に最後の別れに訪れた弟を、そうと知らずに冷たく追い払った負い目がある。何とか罰を受けずに、命を助けて欲しい。彼女が頼るのは、かつて隣家で私塾を開いていた儒学者荻生徂徠だ。大儒学者でありながらそんな素振りも見せず、気さくに人々と語り合える徂徠なら、きっと庶民の気持ちを代弁して赤穂義士のために助命の先頭に立ってくれるに違いない。おかつはそう考える。だが江戸城内では圧倒的多数の助命派の中で、ひとり徂徠だけが四十六士の切腹を主張していた。そのことに、おかつは衝撃を受ける。

続きを読む

キング

10月25日(金)公開 アップリンク渋谷・吉祥寺にて公開

シェイクスピアの世界を大胆に翻案

 15世紀初頭のイギリス。イングランド王ヘンリー4世の嫡男ハル王子は父親と対立して宮廷を離れ、放蕩無頼の生活に身を落としていた。病身の父王は王子を廃嫡し、弟トマスに王位を継がせると宣言。しかしトマスはウェールズとの戦いで命を落とし、ハル王子は宮廷に呼び戻されて、父王の死後ヘンリー5世として即位する。だが宮廷内にはこれを好ましく思わない者たちも多い。新王に対する暗殺計画は未然に防ぐことができたが、フランスも暗殺者を送り込んで王位を脅かす。ヘンリーはフランス出兵を決めたが、信頼できる側近がいないのは大きな弱味。彼は放蕩時代の仲間だったフォルスタッフを宮廷に召し出して要職に就けたものの、こうした人事を好ましく思わない者たちの心はむしろ離れて行く。フランスに攻め込んだイングランド軍は上陸地点に近い城を落とすと、さらに内陸へと進軍。しかしその行く手には、フランス王太子ルイが率いる大軍が待ち構えていた。

続きを読む

帰ってきたムッソリーニ

9月20日(金)公開 新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか公開

徹底した二番煎じが清々しい

 第二次大戦中のイタリアの独裁者ベニート・ムッソリーニ。イタリアが1943年に降伏した後もイタリア社会共和国の指導者として戦争を指揮したが、1945年4月にパルチザンに身柄を拘束されて処刑される。享年61歳。ところがその男が、突然現代に蘇る。「ムッソリーニのそっくりさん」である彼を発見したのは、テレビ局の売れない下っ端職員カナレッティだ。彼は手始めにムッソリーニを連れてイタリア中を歩き、各地で人々の暮らしや政治に対する不満の声を拾って動画サイトにアップする。ムッソリーニはあっという間に動画サイトの人気者。となれば次は、地上波テレビだ。テレビ局はムッソリーニを、毒舌のスタンダップコメディアンとして売り出す。ムッソリーニは持ち前の弁舌の才能で、あっという間に視聴者の心をわしづかみにしてしまった。だがカナレッティは自分の拾ってきた男がムッソリーニに似た芸人ではなく、本人であることに気付いてしまう。

続きを読む

新聞記者

6月28日(金)公開 新宿ピカデリーほか全国ロードショー

政権批判の話題作だが映画としては落第点

 東都新聞の女性記者・吉岡のもとに、1通の匿名FAXが送られてくる。それは国が進めている大学新設計画に関する資料だった。重大な内部告発だが、情報発信元がわからないのでは情報の裏取りが出来ない。情報の信憑性について検証すると共に、吉村は情報提供者の正体を探り続ける。同じ頃、外務省から内閣情報調査室(内調)に出向中の若手官僚・杉原は、新人時代の上司だった神崎に呼び出される。現在杉崎は内調の上司に命じられるまま、政府のためのネット情報工作に従事していた。そこでは情報の隠蔽や秘匿、敵対陣営へのネガティブ情報の流布、虚偽情報の捏造など、やりたい放題だ。かつて自分に国民のために働く官僚の心構えを説いてくれた神崎を前に、恥ずかしげに現在の自分の境遇をぼやいてみせる杉原。だがそんなかつての部下に、「皮肉なものだ。かつての自分に叱られるとは」と悲しげな笑みを浮かべる神崎。彼はその直後に、自殺してしまった。

続きを読む

バイス

** 4月5日(金)公開 TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー**

人生は、歴史は、アイロニーに満ちている

 2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ。パニック状態になるアメリカ政府高官たちの中で、それまで目立たなかった一人の男が世界最大の権力を掌握する。その男の名はディック・チェイニー。通常は政権のお飾りでしかないアメリカの副大統領だが、国家の危機的状況の中で、彼は大統領さえ凌ぐ権力を手に入れる。なぜ彼には、そんなことが可能だったのか。そもそも彼は何者なのか? 1960年代。名門イェール大を中退した彼は、野心家の恋人リンに尻を叩かれて別大学を卒業し、やがて政治の世界に足を踏み入れていく。躍進のきっかけになったのは、下院議員ドナルド・ラムズフェルドのスタッフになったこと。ラムズフェルドはチェイニーを気に入り、自身がニクソン政権の要職に就いたときはチェイニーをホワイトハウスに連れて行く。ウォーターゲート事件でニクソンが辞任すると、チェイニーは史上最年少でアメリカ合衆国大統領首席補佐官に就任した。

続きを読む

スリー・オブ・アス

第28回 東京国際映画祭 コンペティション

政治亡命者の視点から見たイラン現代史

NOUS TROIS OU RIEN

 1970年代のイラン。青年弁護士イバットは、国王の独裁に抗議して民主化を求める学生組織のメンバーだった。しかし当時は政府批判がタブーであり、政治犯として逮捕されたイバットは懲役10年の判決を受ける羽目になる。服役中に国内では反政府運動が高まり、彼が7年半の服役を終えて刑務所の外に出てきた直後、ついに国王は国外に亡命して国家体制は刷新された。だがその後のイランを支配したのは、民主主義とはほど遠いイスラム国家体制。イバットは再び反体制運動に身を投じ、警察に追われることになった。結婚して子供も生まれたが、もはやイランにイバットたちの居場所はない。彼は同じ反体制派であるクルド人たちの手を借りてトルコへの国境を越え、さらにフランスへと亡命する。暮らし始めたのはパリ郊外の低所得者向けアパート。必死にフランス語を学び、勉強してフランスの弁護士資格も取った。やがて彼は地域のNPOで働き始めることになる。

続きを読む

日本のいちばん長い日

8月8日(土)公開予定 全国ロードショー

昭和天皇が終わらせた戦争

日本のいちばん長い日

太平洋戦争末期の1945年4月7日。小磯内閣総辞職を受けて、枢密院議長の鈴木貫太郎が第42代内閣総理大臣に任命された。彼は自分の内閣に与えられた使命は、戦争終結だと知っている。連日のように続く空襲で既に東京は焼け野原になっていた。鈴木首相は組閣に当たって、かつて侍従武官として天皇に仕えていた経験を持ち、若手将校たちからも慕われている阿南惟幾を陸軍大臣に任命する。彼の使命は「本土決戦」を叫ぶ陸軍内の強硬派を抑えることだ。7月26日、米英中は日本にポツダム宣言を突きつける。日本がその扱いに苦慮する間に、8月6日に広島への原爆投下、9日にはソ連の参戦と長崎への原爆投下が続いた。8月10日の御前会議において、鈴木首相に請われる形で天皇自らがポツダム宣言受諾の聖断を下す。だがこの動きを察知した陸軍内部では、徹底抗戦を主張する一派がクーデターを計画しはじめた。これは阿南大臣にも知らされるのだが……。

続きを読む