モータルコンバット

6月18日(金)公開 全国ロードショー

真田広之と浅野忠信が大活躍するアクション映画

■あらすじ

 総合格闘家のコール・ヤングは、試合で本来の実力を発揮できない低迷が続いていた。妻と娘は自分を信じてくれているが、それが結果に結びつかないのはもどかしい。ある試合の帰り道、コールは何者かの集できを受ける。その窮地から彼を救い出してくれたのが、米特殊部隊出身のジャックスだった。彼は上官ソニア・ブレイドのもとにコールを送り出す。

 ソニアの隠れ家にたどり着いたコールを待っていたのは、ソニア本人と彼女に捕らえられた傭兵カノウだった。コールはそこで、人間界と魔界の戦い「モータルコンバット」について話を聞かされる。にわかには信じがたい話だが、コールの胸に刻まれているドラゴン型のあざと同じものを、ジャックスやカノウも持っているのだ。

 コールは魔界族との戦いのため、人間界の守護神ライデンに導かれて魔界族との戦いの場へと向かう。そこで彼を待っていたのは、コールの祖先も関わる神話めいた物語だった……。

続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning

6月4日(金)公開 全国ロードショー

人気シリーズ最後の1ピースの登場

■あらすじ

 幕末の京都。佐幕派の役人や侍たちの間で、「人斬り抜刀斎」と呼ばれ恐れられている男がいた。長州の討幕派志士・桂小五郎のもとで働く緋村剣心だ。飛天御剣流の遣い手である剣心が、これまでに殺した数は膨大なもの。だが血なまぐさい人斬り稼業の間で、剣心の心は悲鳴を上げはじめていた……。

 そんな中で、剣心は雪代巴と名乗る女に人斬りの現場を見られた。目撃者はその場で消すのが人斬りの鉄則。だが意識を失って倒れた巴を、剣心は自分の定宿に連れて帰る。翌日から、巴は宿の女中として働き始めた。

 この頃、長州は追い詰められていた。一部の過激派は京の町に火を放ち、天皇をさらって身柄を長州に移すという計画を練り始める。あまりに無謀。だが長州過激派たちは、会合場所の池田屋を新選組に踏み込まれて壊滅。追われる身となった長州藩関係者は京から脱出する。

 剣心と巴も夫婦者を装って、京都郊外の民家に移り住むことになった。

続きを読む

ブレイブ ー群青戦記ー

3月12日(金)公開 全国ロードショー

竜頭蛇尾のしょぼいポンコツ映画

 私立星徳高校は全国的に名を知られているスポーツ強豪校。運動部に全国大会優勝や準優勝といった猛者たちがひしめき合い、試合に備えて日夜練習に余念がない。そんな中で、弓道部の西野蒼は万年補欠選手の地位に甘んじている。校内弓道場での実力は部内でも折り紙付きなのだが、大会になるといつも実力を発揮できない。メンタルの弱さというより、そもそも必死に努力して勝利することに対する執着心がないのだ。幼なじみで同じ弓道部のレギュラーメンバーでもある瀬野遥は、そんな蒼を見て歯がゆい思いをしていた。だがある日、そんな高校生たちの学園生活を一変させる事態が起きた。学校に侵入した大勢の男たちに、教員や生徒たちが次々惨殺されたのだ。突然のことにパニックになる校内。学校が丸ごと戦国時代にタイムスリップし、雑兵たちの攻撃を受けているのだ。生徒たちの何人かは人質として連れ去られる。そこは有名な「桶狭間の戦い」直前の世界だった。

続きを読む

天外者(てんがらもん)

2020年12月11日(金)公開 TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

三浦春馬の主演最終作

 黒船来航で幕府の屋台骨が大きく揺らいでいた幕末。外国との交易窓口として開けた長崎の町で、薩摩の五代才助(五代友厚)、土佐の坂本龍馬と岩崎弥太郎、長州の伊藤利助(伊藤博文)が出会って、あっという間に意気投合する。薩摩は攘夷派の雄藩だが、才助は開国論者だから周囲には疎まれる。彼が求めるのは、生まれた身分に関わらず、誰もが夢を持てる国を作ることだった。丸山遊郭の遊女はると親しくなった才助だったが、生麦事件とそれに次ぐ薩英戦争でイギリスの捕虜となり、はるはイギリスの商人に身請けされることを条件に才助の命を救う。はるはそのまま、イギリスへと旅立つことに。やがて薩摩藩の遣英使節団の一員としてイギリスに渡った才助は、ひとり彼女の行方を捜すが再会することはできなかった。やがて帰国した才助は、はるが胸を病んで帰国し、海辺の療養所で最後の時を過ごしていることを知る。早速彼女のもとに駆けつけた才助だったが……。

続きを読む

義士始末記

1962年9月9日(日)公開 全国松竹系

忠臣蔵のエピローグ的番外編

 元禄15年12月14日。元赤穂藩士四十六人は本所吉良屋敷に討入り、吉良上野介の首級を上げて主君浅野内匠頭の仇討ちを果たした。この事件の報を受けて、江戸市民は拍手喝采。江戸城には助命嘆願のため庶民が押し寄せた。こうした人々の中に、討入りメンバーである間新六の異母姉おかつと、同じく中村勘助の恋人おしまの姿もある。特におかつは、討入り前に最後の別れに訪れた弟を、そうと知らずに冷たく追い払った負い目がある。何とか罰を受けずに、命を助けて欲しい。彼女が頼るのは、かつて隣家で私塾を開いていた儒学者荻生徂徠だ。大儒学者でありながらそんな素振りも見せず、気さくに人々と語り合える徂徠なら、きっと庶民の気持ちを代弁して赤穂義士のために助命の先頭に立ってくれるに違いない。おかつはそう考える。だが江戸城内では圧倒的多数の助命派の中で、ひとり徂徠だけが四十六士の切腹を主張していた。そのことに、おかつは衝撃を受ける。

続きを読む

仮名手本忠臣蔵

1962年9月9日(日)公開 全国松竹系

赤穂義士は過激思想のテロリストだった

 元禄14年3月14日。江戸城松の廊下で、赤穂藩主浅野内匠頭が高家筆頭吉良上野介に斬りかかった。逆上する内匠頭を取り押さえるものがあり、上野介は九死に一生を得る。内匠頭は即日切腹。だがこの一大事のさなか、内匠頭の近習早野勘平は恋人おかると逢い引き中でその場に居合わせることができなかった。一方藩主の刃傷切腹により、赤穂藩は断絶。国を預かる城代家老の大石内蔵助は、幕府による片手落ちの裁定に憤る家臣たちに殉死を誓う。だがその心の中には、主君の本懐を遂げるために上野介を討ち果たすという復讐の決意があった。だがそれから数ヶ月後、内蔵助は京都の遊里で茶屋遊びにふけっていた。赤穂浪人たちの復讐を恐れる吉良方は警戒をゆるめず、内蔵助たちの身辺を疑い深く探っている。それを偽るための偽りの放蕩なのだ。江戸に先着している同志たちからは、次々に吉良方の情報が伝えられてくる。討ち入りの日は、もう目の前に近づいていた。

続きを読む

キングダム

4月19日(金)公開 全国ロードショー

熱すぎるドラマに観ている僕はドン引き

 紀元前3世紀の中国、秦の国。少年時代に奴隷として売られた信(しん)と漂(ひょう)は、己の腕一つで奴隷の身から脱するために日々剣術の稽古に励んでいた。ある日、偶然近くを通りかかった秦の大臣が、熱心に稽古をする二人の姿を見つける。それから間もなく、大臣は漂を買い取って都に連れて行った。これは都で企てられている王弟・成蟜(せいきょう)のクーデターに備え、若き王・嬴政(えいせい)と瓜二つの漂を影武者にするためだった。やがてクーデター勃発。深手を負った漂は、あるものを信に託して息を引き取る。それは密かに王宮を脱出し、援軍の救出を待つ秦王・嬴政の身柄だった。信は人里離れた小屋に身を潜めていた嬴政と合流すると、山の民の河了貂(かりょうてん)の手引で敵の囲みを抜け出すことに成功。嬴政は忠誠を誓う将軍たちとの合流に成功し、王都奪還のため、四百年前に交流が途絶えた山の民の王・楊端和(ようたんわ)と面会する。

続きを読む

多十郎殉愛記

4月12日(金)公開 丸の内TOEIほか全国ロードショー

アクション時代劇としては熱量不足

 幕末の京都。倒幕か佐幕かで揺れ動く政治闘争のまっただ中にあって、貧乏浪人・清川多十郎の暮らす長屋にも不穏な空気が漂ってくる。じつは多十郎は長州藩の脱藩浪人。故郷の城下では名の知れた剣客だったが、勤王派の藩士たちと国を出たのは、父の代から積み重なった借金から逃れるためだった。他の脱藩浪士のように革命の熱い思いに浮かされることもなく、日々を無為に過ごしている多十郎。そんな彼を気にかけて何かと世話を焼くのは、居酒屋の女将おとよだ。多十郎は彼女の好意を知りつつ、あえてすげない態度を取ってみせる。何から何まで、中途半端な男なのだ。ある晩、おとよの店で乱暴に振る舞う岡っ引きを追い出したことで、多十郎は相手の恨みを買ってしまう。多十郎の素性はすぐに知れ、長州の脱藩浪士を取り締まっている京都見廻組に危険人物として届け出られた。見廻組は多十郎を捕縛するため、手練れの隊士数名が連れ立って長屋に向かうが……。

続きを読む

映画刀剣乱舞

1月18日(金)公開 全国ロードショー

華やかで美しいチャンバラ時代劇

 西暦2205年。歴史の改変を目論む歴史修正主義者による過去の歴史への攻撃を阻止するため、物に宿る思いや心を目覚めさせる能力を持つ審神者(さにわ)が、刀剣から生まれた「刀剣男子」たちを過去に送り込む。今回彼らに与えられた役目は、戦国末期の大事件、明智光秀による「本能寺の変」を改変しようとする歴史修正主義者の阻止だ。本能寺の変によって、時の権力者・織田信長は死ぬのが歴史の定め。歴史修正主義者はここに介入し、信長を延命させようとしている。そうなれば、その後の歴史は大きく変わってしまうだろう。三日月宗近たち刀剣男子は天正十年六月二日の本能寺で、歴史修正主義者たちが送り込んだ時間遡行軍と戦う。何とか敵を阻止したかに思えたのだが、この時、時間遡行軍生き残りの手引きで、信長は焼け落ちる本能寺を脱出していた。彼が向かうのは安土城。そこで信長が秀吉と合流すれば歴史は変わり、審神者や刀剣男子の敗北となるのだ。

続きを読む

椿三十郎

7月6日(金)公開 午前十時の映画祭9

これが黒澤時代劇の中ではナンパーワン!(個人の意見です)

 とある城下町。藩主が江戸出府中の城内で、次席家老黒藤や竹林による汚職が行われていた。これを知った若い侍たちは、城代家老に意見書を突きつけるが相手にされない。彼等は大目付の菊井に不正を訴えたが、じつは菊井こそがこの悪事の黒幕だった。菊井は若侍たちを騙して一網打尽にするよう配下に命じ、同時に不正の秘密を知る城代家老を捕らえた。そんな中、たまたま若侍たちと出会った凄腕の浪人がひとり。彼は機転を利かせて菊井の手下から若侍たちを救い、屋敷に軟禁された城代家老の奥方と娘を救出することに成功する。あとはどうやって城代を救い出すかだ。菊井の配下にいる室戸という男は、巧みな頭脳プレイで見えざる城代派の動きを牽制する。一方で自ら「椿三十郎」と名乗る浪人も知恵を巡らし、若侍たちと共に城代奪還に向けて動きまわる。だがことあるごとに若侍たちに悪態を付き、傍若無人に振る舞う浪人に対し、若侍たちの一部は反発を強める。

続きを読む